注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

成功するサロンをつくる!開業のポイント

M&A

サロンを開業するには、しっかりと時間をかけてスケジュールを組み、どのようなお店にするのかをじっくりと考えて進めていくことが大切です。また、開業成功のためには、他店との差をつくり、お客様に選ばれるサロンにしていきましょう。

開業までにすること

「自分のサロン」をどのようなお店にするのかを具体的に考え、その為にはどうしたら良いお店になるのかを目に見える形にしていくことが大切です。他のお店ではなく、あなたのお店がお客様に選ばれる理由を明確にすることで、答えが見えてくるでしょう。

店舗物件選び

一番慎重に選ばなければいけないのが、店の場所とテナント物件になります。店舗を借りる場合、広さや家賃、駅からの距離、人通りの多さなど、調査を行ってから選ぶようにすることが大切です。また、平日や土日など、時間を変えて何度も歩き、交通量や近隣環境のチェックをしましょう。ただ、立地条件の良いところばかりにこだわっていると、競合店の多さが問題となり、価格競争に陥りがちになってしまう場合もあります。必要以上な好立地よりも、広さや静かさなど、顧客満足を優先させる立地を選ぶことで、客単価が安定しやすくなることもあります。

契約前の家賃交渉

家賃というのは、経費の中でかなりの割合を占めてきます。まずは、家賃の発生時期です。改装工事開始日からなのか、店舗オープンの日からなのかによって2ヶ月ぐらいの差が出る場合があるので、交渉してみる価値は十分にあります。また、それ以外のエアコンの修理費や買い替え費用などの細かな契約内容にもじっくりと目を通して、契約が成立する前に、不明な点は解決しておくようにしましょう。

Elevated View Of A Businesswoman Calculating Invoice Using Calculator On Blue Desk At Workplace

他店との差をつくる

開業するお店は他とどこが違うのか、できるだけ早い段階で差別化ポイントをリスト化して、明確にしていくことが重要です。「他のお店との差をつくる」という視点から、あなたが目標とするお店のイメージを広げていきましょう。

チェックリストをつくる

チェックリストを作ることで、自分のお店はどんなお店なのかが具体的に分かり、他のお店との差を伝えやすくなります。メニューや価格、得意としている技術、お店の雰囲気やオーナーの人柄など、ポイントはたくさんあります。その中でも、どんなお客様がどんな時に利用していただけるお店なのかを考えることは重要です。年齢層や職業でお店に求められるものは変わってくるので、お客様に選ばれるためにどんなことが強みになるのかを考えておきましょう。

価格設定をする

他の店の価格帯を調査すると、店の規模や地域によって価格に開きはありますが、だいたいの相場が分かります。メニューの価格を決める時、安いほうがお客様が入りやすいなどという思い込みから、ついつい価格を適正価格よりも安く設定してしまうことがあります。しかし、安さより価値観を求める人がいることもあります。しっかりとプロとして、適正な価格を設定することで、今後のサロンの発展にもつながっていきます。

まとめ

美容サロンはこれからも利用者が多くなり、どんどん新規参入者が増えてくる業界です。 美容サロンの開業は決して難しいものではありません。初期費用さえ準備できれば、開業届を出すだけで、自分のサロンを持つことができます。しかし、初めての経営で資金調達など分からないことも少なくないでしょう。一人で考えずに第三者からアドバイスを受けることが大切です。ぜひあなたの開業の悩みを、専門家に相談してみてください。集客に自信がない場合は、M&Aを視野に入れ集客に関するノウハウを利用するのも一つの方法です。

問い合わせ

問い合わせ

株式会社M&A LABO contact


会社名
メールアドレス
連絡先
問い合わせ内容
内容
最新情報をチェックしよう!