注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

個人サロンの開業・経営の方法

個人サロンは、開店の際の初期投資はそれほどかからず、低いリスクで運営できますが、価格競争や入客、技術など、サロンを取り巻く課題は多くあります。ほんの知識の差が厳しい結果を生むこともあるので、まずは正しい情報を選び、しっかりと知るということが重要になってきます。個人店ならではの強みを生かして、運営していくための方法を考えていきましょう。

個人サロンのメリット

サロンを開業して、お客様が定着するまでは大変です。努力するポイントの微妙な差で結果も変わってきます。最初は、自宅でサロンを開業することで資金を貯めて、お客様が定着し始めた後に、お店を借りるという段階で進めることも一つの手段です。

自宅サロンならではの良い点

自宅サロンで開業するには、保証金や初期の内装費がかからず有利な点が多く、時間的にも通勤時間がない為、家事や子育てのための時間の調整がしやすくなるというメリットもあります。お客様にくつろいでいただくため、インテリアや香り、音楽などを工夫して、自宅ならではのメリットを最大限に生かした空間づくりをしていきましょう。

サロンの雰囲気づくり

自宅サロンであれば、お客様とサロンオーナーが一対一で、じっくりとカウンセリングをする時間が作れます。ほんのわずかな対応のニュアンスの違いによって、結果は大きく変わってきます。お客様のお名前を伺ったら、その後はお名前で呼ぶように心がけましょう。そうすることで、お互いの距離が近くなり、信頼関係も深まってきます。サロン全体の雰囲気を親密にすることで、それを気に入ってくれるお客様としっかり付き合っていくことができるようになるでしょう。

個人サロンでの注意点

自宅サロンでは、公私の区別がつきにくくなってしまうことがあるので、基本的なビジネス感覚を持ち続けていくように注意しましょう。お店のはっきりとしたコンセプトやコースメニューをつくり、お客様に選ばれる理由を打ち出すことが大切です。お客様管理もしっかりと行い、成功へと繋げていきましょう。

サロンの情報発信

自宅サロンはテナント店と違い、そこにお店があると気付いてもらいにくく、中にはお店としては入りにくいものになる場合もあります。お店のブログやSNSをつくり、どんなお店なのかを分かりやすく伝え、施術を行うオーナー自身をしっかりとアピールすることも大切です。また、近所の客層が同じお店に協力してもらい、チラシを置いてもらうという方法もあります。

適正の価格設定

安さでお店を選ぶ人はたくさんいるのが現状ですが、そういうお客様がリピーターにつながっていくことはほとんどありません。一度値下げをしたり、安く設定した価格を元に戻すのは相当難しいものになります。サロンを経営していく上で客単価はとても大切な要素になってきます。オプションメニューなども準備して、開業後の客単価調整の方法も考え、適正な価格設定をしていくようにしましょう。

まとめ

美容サロンはこれからも利用者が多くなり、どんどん新規参入者が増えてくる業界です。 美容サロンの開業は決して難しいものではありません。初期費用さえ準備できれば、開業届を出すだけで、自分のサロンを持つことができます。しかし、初めての経営で資金調達など分からないことも少なくないでしょう。一人で考えずに第三者からアドバイスを受けることが大切です。ぜひあなたの開業の悩みを、専門家に相談してみてください。集客に自信がない場合は、M&Aを視野に入れ集客に関するノウハウを利用するのも一つの方法です。

問い合わせ

問い合わせ

株式会社M&A LABO contact


会社名
メールアドレス
連絡先
問い合わせ内容
内容
最新情報をチェックしよう!